理系雑学

漏電ブレーカーが落ちた時の対処法・必要なことだけを丁寧に解説

漏電ブレーカーが落ちた!

これは危険な状態かもしれません。

落ち着いて正しい対応をする必要があります。

 

本記事はとにかく現場的なことを急ぐ記事に仕上げました。

  • 今まさに漏電ブレーカーが落ちている
  • 漏電ブレーカーが頻繁に落ちている

こういう方のために正しい対応のハウツーだけを取りまとめています。

漏電の仕組みとか危険性とかの話は別記事で取り上げます。まずは本記事を読んで対応していただき、あとで時間に余裕ができたときにそっちも読んでください。

漏電ブレーカーが落ちた時の対応~全体の流れ~

全体の流れをフローチャートにしました。

こういう流れで対応するんだと理解してください。

漏電遮断ブレーカーが落ちた時の対処方法

では、細かい説明に入っていきます。

漏電ブレーカーの位置を確認する

漏電ブレーカーの位置はココ↓です。

漏電遮断ブレーカーの位置

 

目印は赤いテストボタンです。これが付いているのが漏電ブレーカーです。

漏電ブレーカーアップ

まだ絶対に上げないでくださいね。

 

お宅で落ちているのは本当に漏電ブレーカーでしたか?

違うブレーカーが落ちているなら漏電じゃない可能性があります。

ここはシッカリ確認しましょう。これ大事です。

 

本当に漏電ブレーカーが落ちているなら一大事です。次の手順に進みましょう。

家の中の異常を確認

本当に深刻な漏電が進行している場合、既に家の中に異常が発生している可能性があります。

以下の点を中心に家の中を確認してください。ブレーカーは落ちたままです。

暗くて危ない場合は可能な範囲で確認してください。

  • 家族は全員無事か(どこかで感電していないか)
  • 焦げたニオイはしないか
  • 煙は出ていないか
  • コンセントや照明器具の周りに異常は無いか

異常があった場合すぐに電気屋さんを呼びましょう。漏電が確定だからです。

焦げたコンセント

大きな異常が見つからなければ次の手順に進みます。

 

子ブレーカーを全て落とす

漏電している回路を特定するため、子ブレーカーを全部落とします。

このとき、大元のブレーカーは入れたままにします。

子ブレーカーの位置

子ブレーカーは1つ残らず落としてください。

予備と書いてある子ブレーカーも念のため落としてください。

もともと落ちているブレーカーはそのままで結構です。

 

漏電回路を調査する

次に、漏電が起きている子ブレーカーを特定する作業をします。

順番が大事なのでよく読んで実施してください。

①漏電ブレーカーを上げる

漏電ブレーカーだけを上げてください。

子ブレーカーは落としたままです。

漏電遮断ブレーカーを上げる

このとき、漏電ブレーカーから飛び出ているボタンを押し込んでください。

押し込まないとブレーカーが上げられないです。

表示ボタン

 

②子ブレーカーを1つずつ上げる

先ほど落とした子ブレーカーを1つずつ上げてください。

1つ上げて、10秒ほど待って、落とします。

その後また1つ上げてください。

  1. 子ブレーカーを1つ上げる
  2. 20秒ほど待つ
  3. 子ブレーカーを落とす

~次のブレーカーで繰り返し~

子ブレーカーを1つずつ上げる

これを繰り返していると、漏電ブレーカーが落ちる子ブレーカーが分かるはずです。

その子ブレーカーの回路が漏電している回路です。

すべての子ブレーカーで試しても漏電ブレーカーが落ちない場合は電気屋さんを呼びましょう。特定しにくい漏電が起きているか、漏電ブレーカー自体が壊れている可能性があります。

漏電している回路が特定できたら、その回路の部屋に行って確認を続けます。

その回路がどこに繋がっているか分からない場合は電気屋さんを呼びましょう。

漏電機器を特定する

漏電には2種類あります。

電化製品から漏電している場合と、家の回路から漏電している場合です。

①電化製品から漏電している場合

漏電回路の部屋のコンセントを確認してください。怪しい機器は繋がっていないでしょうか。

例えばこんな機器↓が怪しいです。

  • 古い
  • 配線が踏まれている
  • 配線が劣化している
  • 本体が劣化している

該当するものがあったらコンセントを抜いてブレーカーを入れてみてください。

それで漏電ブレーカーが落ちなければ一件落着です。

あなたがコンセントを抜いた機器が漏電する要素を持っているのでしょう。その機械はもう使わないか修理に出すかしてください。

コンセントを抜いたのに漏電ブレーカーが落ちるようならその機器は無罪です。別の怪しい機器を探すか、怪しい機器ナシとして②に進みましょう。

②家の回路から漏電している場合

漏電回路の部屋に怪しい機器が無かった場合、ブレーカーとコンセントの間の電線から漏電している可能性があります。

多くの場合、これは1番危険なタイプの漏電です。すぐに電気屋さんを呼びましょう。

コンセントや電線をいじるのには電気工事士の資格が必要なので、皆さんにできることはここまでです。あとはプロに任せましょう。

ケンカタくん
ケンカタくん
そのままにしてると火事になるよ!

 

まとめ:判断に困ったら電気屋さんへ

いかがだったでしょうか。

本記事は漏電ブレーカーが落ちて今まさに困っている人を対象にしたので、余分な情報はなるべく削ってエッセンスだけをお届けしました。今まさに困っている方のハウツーとして活用していただけると大変嬉しいです。

ただ、電気は専門的な分野ですから、判断に困ることがあれば絶対に専門家を頼ってください。漏電というのは電気の中でも特に危険度の高いアクシデントですから、少しでも判断ミスがあると火災人身事故に繋がってしまいます。

本記事はあくまでも素人でできる範囲の対処法を書いたものなので、そこのところ慎重に判断をお願いします。